見出し画像

プランベースをすることで得られるメリット3つ

こんにちは!株式会社ベジタリアンブッチャージャパンの広報担当部です。今回も表題について記事にさせて頂きます。

海外で誕生したプラントベースはヘルスコンシャスな人々の関心を集めることに成功しました。世界各国で実践する人が出てくるようになり、その流れは日本にまで及んでいます。

名称未設定のデザイン (1)

プラントベースの目的は「健康的な生活を送ること」です。ですが実際にプラントベースをおこなうと健康以外のメリットも得られるようになります。どういったメリットがプラントベースにあるのでしょうか。

名称未設定のデザイン (2)

【メリット1、ダイエット効果が得られる】
プラントベースは「健康になるため」という目的で行われますが、実際におこなうと健康だけでなくダイエット効果も得られるというメリットがあります。

プラントベースにて取ることを避ける肉類は脂肪も多く含んでおり、取りすぎると太りやすくなります。太ることとは体に脂肪を蓄積することであり、脂肪が蓄積すると血液がドロドロになったりコレステロールが高くなったりなど、体の様々なところで弊害が出るため、注意が必要です。

プラントベースでは野菜や果物を中心に食べるため、肉類を食べることはほとんどありません。摂取する脂肪が少なくなることにより血液やコレステロールが正常に戻り健康状態もよくなります。するとお腹に蓄積した脂肪も減るなど体の余計な脂肪も減っていくため、ダイエット効果も得られるようになります。

名称未設定のデザイン (3)

【メリット2、お通じがよくなる】

名称未設定のデザイン (4)


お通じがよくなるのもプラントベースのメリットです。
プランベースではお米など穀物の食べ方にも特徴があります。それが「皮ごと食べる」こと。魚は身だけでなく皮のところも栄養が豊富であるように、穀物もまた皮の部分にたくさん栄養があります。穀物を皮ごといただき、穀物がもつ栄養を余すことなく利用するのがプラントベースの特徴です。
そのためプラントベースを実行するときは白米を玄米に変えたり、普通のパンを全粒粉パンに変えたりします。そうしたものに変えるメリットはお通じがよくなること。

名称未設定のデザイン (5)

名称未設定のデザイン (6)

穀物の皮などには食物繊維が豊富に含まれており、そうしたところプラントベースでたくさん取れるようになります。食物繊維には、お腹にたまっている老廃物や不要なものを取り除く作用があるため、お通じが一気によくなります。

便秘やガスがひどいなど、お通じに関して悩みを抱えていましたらプラントベースの習慣を作ってみてはいかがでしょうか。


【メリット3、食費が抑えられる】

名称未設定のデザイン (7)


適切にプラントベースの習慣が作れると、食費が抑えられるというメリットも得られます。野菜と肉類、どちらが安いでしょうか。時期にもよりますが、大抵は野菜のほうが安いと思います。

そのため単純に肉の部分を、野菜などに切り替えるだけで1食当たりの費用を節約でき、結果として食費全体が抑えられるようになります。

ただしこだわりすぎると食費が高くなってしまいますので気を付けてください。プラントベースではこだわってくると有機野菜な土より体によいものを選ぶ傾向にあります。そうしたものは価格が高いため、選びすぎると食費が高騰するケースもあります。

より体によいものを選ぶときは、自分の経済状況と相談したうえで行うようにしましょう。

名称未設定のデザイン (8)


☆まとめ☆
今回はプラントベースで得られるメリット3つほど紹介してきました。プラントベースは「植物性の食べ物をたくさん食べて健康な体を作る」ことを目的としていますが、実践してみるといろいろな恩恵を享受できるようになります。

さらにプラントベースは実施しやすいというメリットもありますので、体についていろいろ思うところがありましたら、はじめてみてはいかがでしょうか。

ありがとうございます!次回の更新もぜひご覧ください!
1
オランダ発の植物由来の新しい肉"𝐏𝐋𝐀𝐍𝐓 𝐁𝐀𝐒𝐄𝐃 𝐌𝐄𝐀𝐓"/体作りの為の新たなプロテイン/𝐔𝐁𝐄𝐑 𝐄𝐀𝐓𝐒で今すぐお届け可能/日本初!未来型ハンバーガー&𝐏𝐋𝐀𝐍𝐓 𝐁𝐀𝐒𝐄専門の肉屋を東京・池袋OPEN!!