見出し画像

サステナブルなファッションは地球に優しい!どんな素材があるの?

こんにちは!株式会社ベジタリアンブッチャージャパンの広報担当部です。今回も表題について記事にさせて頂きます。


サステナブルファッションは地球に優しい!どんな素材があるの?

ここ数年、ハイブランドをはじめとするファッションブランドが、動物由来素材の使用中止を発表し始めています。そしてその背景には、劣悪な環境での動物飼育や殺傷の問題視があります。ここで注目を浴び始めたのが、サステナブルファッションなのです。では、サステナブルファッションには、どのような素材が使われているのでしょうか。
 
【サステナブルファッションとは?条件はあるの?】
一般的にサステナブルが本来持つ意味は、「維持可能な、持続可能な」ということです。
一方ファッションにおけるサステナブルとは、「動物由来の天然素材に頼らない」「リユースが可能」といった意味を持ち、さらに良質で長持ちすることが条件となっています。
そういえば、ここ数年でリサイクルショップやリユースショップを多く見かけるようになりましたよね?
このように、日本国内においても広がりを見せつつあるのがサステナブルファッションなのです。
 
【サステナブルファッションにはどんな素材があるの?】
それでは、サステナブルファッションに使われている素材と、その特徴を見ていきましょう。
 
【オーガニックコットン】
コットンは、衣類だけでなくファッション小物、靴など、幅広い用途で用いられてきましたが、素材となるコットンが採れる綿の木などの植物は、水の消費量が多いという問題を抱えていました。
そして、ここで台頭してきたのがオーガニックコットンなのです。
オーガニックコットンも綿の木やその仲間の木から摂れるのですが、オーガニックな土壌で栽培することから、良質なコットンが採取できるほか、水の消費量が少ないという特徴があります。
そのような理由から、オーガニックコットンは今後さらなる注目を集める素材となるでしょう。
 
【ペットボトルなどのリサイクル素材】
プラスチックゴミが原因の海洋汚染が、世界中で問題となっています。
サステナブルな考え方は、使用済みのプラスチックをゴミとして扱うのではなく、リサイクルの対象として捉え、新たな製品づくりに活かすというものです。
プラスチック素材はスニーカーやバッグなどのファッション小物に姿を変えて、すてにあなたの身近に存在していますよ。
 
【樹木由来素材】
大手ファッションメーカーでは、ユーカリの葉を原材料としたリヨセルという素材を使用しており、この素材には、石油を不使用、強度があって長持ちするというメリットがあります。
リヨセルは、すでにファッション素材として使われているテンセルと同様の素材で、吸汗性が良いことから、Tシャツなどに多く使われています。
また、最近ではマスクなどにも使用され始めているため、今後はマスク用素材としても活躍することでしょう。
 
【サステナブルファッションは地球に優しい!今できることとは】
サステナブルファッション、なんとなくご理解いただけたのではないかと思います。
そして、「私もサステナブルファッションに協力したい!」感じた方も多いことでしょう。
では、何から始めれば良いのでしょうか?
これについては人それぞれかもしれませんが、不要なファッションアイテムをリサイクルショップで買い取ってもらったり、フリマアプリを利用して販売すしたりするというのではいかかがでしょうか。
これなら、あなたが不要だと感じたファッションアイテムであっても、それを必要としている人の元に渡り、サステナブルアイテム活躍してくれる可能性が広がるのではないでしょうか。
 
【まとめ】
以前では、動物の皮や毛皮などを所持することが人生のステータスのように思われていた時代がありましたが、時代による環境の変化で、そのような考え方は払拭されつつあります。
そして今後は、サステナビリティな考え方こそが、個人プランディングの確率やステータスに役立つ時代がくるでしょう。
サステナブルファッションは、まさにその代表選手で、この考え方をマスターすることが、あなたの人生をより良い方向に導いてくれるでしょう。
今できることを実践する。
すべてのサステナビリティは、ここから始まるといっても過言ではないでしょう。
 

ありがとうございます!次回の更新もぜひご覧ください!
オランダ発の植物由来の新しい肉"𝐏𝐋𝐀𝐍𝐓 𝐁𝐀𝐒𝐄𝐃 𝐌𝐄𝐀𝐓"/体作りの為の新たなプロテイン/𝐔𝐁𝐄𝐑 𝐄𝐀𝐓𝐒で今すぐお届け可能/日本初!未来型ハンバーガー&𝐏𝐋𝐀𝐍𝐓 𝐁𝐀𝐒𝐄専門の肉屋を東京・池袋OPEN!!

こちらでもピックアップされています

広報担当のマガジン
広報担当のマガジン
  • 13本

サステナブルに関する記事を書いております。次世代を担うジェネレーションZ世代の方々に届けば良いなと思いながら更新しております。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。