見出し画像

無駄のない生活を送る!「訳あり野菜」なら安価でサステナブル!

こんにちは!株式会社ベジタリアンブッチャージャパンの広報担当部です。今回も表題について記事にさせて頂きます。

無駄のない生活を送る!「訳あり野菜」なら安価でサステナブル!

日本は、世界規模で見ると気候の変動が激しく、農作物が影響を受けやすい国です。たとえば、「日照時間の不足で○○県の野菜出荷件数が大幅に減少」というようなニュースを目にすることがありますよね?でも、ご安心ください。日照不足で生育が悪かった野菜は「訳あり野菜」として、ちゃんと役に立っているのです。

【訳あり野菜ってどんな野菜?普通に食べられるの?】
結論からお話ししますと、訳あり野菜は通常の野菜と同様、普通に食べられます。
では、訳あり野菜とはどのような野菜で、どのようなメリットがあるのでしょうか?

【訳あり野菜とは「通常とは少し違う部分がある野菜」のこと】
それではまず、訳あり野菜の種類から見ていきましょう。

【形が悪い、ヒビ、割れなどがある】
形が良い野菜、ヒビ、割れがない野菜は農家のきめ細かな作業によって生まれます。
しかし、農家がどれほど注意していたとしても、収穫の数%程度は形が悪い、ヒビ、割れがある野菜になってしまうといいます。
そして、このように見た目が良くない野菜は訳あり野菜に分類されます。


【大きすぎる、または小さすぎる】
どのような野菜でも、大きすぎたり小さすぎたりすることがあり、農家が市場に出荷できないと判断した場合では訳あり野菜となります。
たとえば、ジャガイモなどでは、ひとつの実が大きくなりすぎると、同じ株にある別の実の成長が悪くなって小さな実になってしまうことがありますよね。
そして、大きさが不揃いな野菜を捨てるのではなく、別ルートで出荷・販売する方法を訳あり野菜販売といいます。


【日光不足または日光過剰による変色】
光合成が必要な野菜の場合、その出来は日照期間や日照時間に大きく左右されます。
そして、十分に日光を浴びることができなかったり、反対に日光を浴びすぎたりして変色した野菜の多くは訳あり野菜となります。

【賞味期限ギリギリで売れ残った】
特に高級な野菜や果実の場合では、そもそもの定価が高額で売れ残る可能性が高いのですが、卸値を通常より落としても売れず、残ってしまったものは訳あり野菜となります。


【過剰生産で在庫が余った】
不作はもちろん困りますが、豊作で過剰生産になった場合も、そのすべてが売れず、一部が残って困ることがあります。
このような野菜もまた訳あり野菜として出荷されることがあり、この場合では、動物の飼料となることもあります。


【訳あり野菜のメリットとは?】
訳あり野菜のメリット、それは、個人商店やスーパーマーケットなどで販売されている価格より安い価格で入手できるという点にあります。
形や色が悪かったり、ヒビや割れなどがあったりしたとしても、一般家庭で調理する分には何ら問題はないでしょう。
特にご家族数が多い場合では、訳あり野菜を上手に利用することで、食費の削減に役立つでしょう。
訳あり野菜の売買は、農家としては農作物を無駄にせず出荷できる、消費者としては安価に入手できるというメリットがありますので、双方にとってwin-winのシステムだといえるでしょう。


【訳あり野菜を買えるのはどこ?】
訳あり野菜の一部は個人商店やスーパーマーケットなどで入手できますが、これらの店舗では取り扱い数や種類が少なく、ご希望の野菜を入手できない可能性が否めません。
そのようなときには、インターネット通販をうまく活用して、生産農家から直接購入する方法がおすすめです。
ほとんどのインターネットショッピングサイトでは訳あり野菜を取り扱っていますので、お目当ての野菜がどれくらいの価格で取引されているのか確認してみてはいかがでしょうか。

【まとめ】
見た目が悪いというだけで、一般の市場には並ぶことができなくなった野菜たち。
以前では、このような野菜はそのまま廃棄処分になることが多かったようですが、近年ではサステナブルな考え方の浸透により、このような野菜たちにも需要を見出す人が増えてきました。
訳あり野菜は、通常の野菜よりも安価な価格で購入できるというメリットがあります。
「見た目より味で勝負!」「サステナブルな考え方大賛成!」という方は、この機会に訳あり野菜野購入をぜひ、検討してみてくださいね。

ありがとうございます!次回の更新もぜひご覧ください!
1
オランダ発の植物由来の新しい肉"𝐏𝐋𝐀𝐍𝐓 𝐁𝐀𝐒𝐄𝐃 𝐌𝐄𝐀𝐓"/体作りの為の新たなプロテイン/𝐔𝐁𝐄𝐑 𝐄𝐀𝐓𝐒で今すぐお届け可能/日本初!未来型ハンバーガー&𝐏𝐋𝐀𝐍𝐓 𝐁𝐀𝐒𝐄専門の肉屋を東京・池袋OPEN!!

こちらでもピックアップされています

広報担当のマガジン
広報担当のマガジン
  • 19本

サステナブルに関する記事を書いております。次世代を担うジェネレーションZ世代の方々に届けば良いなと思いながら更新しております。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。